FC2ブログ

ひさしぶり!ふーちゃんブログ


大岳本文IMG_1288

まいどどうもふーちゃんです。

大岳山IIMG_1177

10月23日におおたけ山にのぼってきました。

さいしょはらくちんだったけど、とちゅうでさかがきゅうになったからたいへんだったんだよねぇ。

大岳山IMG_1200

まぁ、なんとかちょうじょうにはついたけど、

大岳山IMG_1215 (1)

そのちょうじょうのけしきがくもで見えなかったから、ざんねん!

大岳山IMG_1265

でかえりによったロックガーデンなんだけど、

「あのちっちゃい水のながれってたきなの?」

大岳山IMG_1258

「もちろん」

大岳山IMG_1254

「2月に行ったブラジルのイグアスのたきとはまったくくらべものにならないね」

「そりゃーイグアスのたきがでかすぎるからね」

大岳山IMG_1252

「えー、ふーちゃんイグアスのたきがふつうのたきだとおもってた」

まーたきだってことはわかってたけど、ちっちゃすぎる!それにしてもそのみちがながいこと!やっとロックガーデンをとおりおわったときにはもうへとへと。

大岳山IMG_1166

しかもみたけ山もちょっと下らないと、ケーブルカーえきにつかない。しかもでん車は20えきくらい通らないといけないし、じてんしゃもこがなきゃ帰れない。

やっと帰ったころにはたいへん。くたくたすぎる。

ここでブログおしまい!

大岳山IMG_まったねー2

つぎのブログもおたのしみにー!

大岳山IMG_まったねー

まったねーー!



スポンサーサイト



2016-10-23 : ふーちゃん日記(リアル版) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

びっくり!ふうちゃんブログ


ふーIMG_0222

まいどどうも、ふうちゃんです。

じつは今日からほんとのふうちゃんも書くことになりました。

ほんとのほんとです。

fu-2IMG_8645.jpg

5月28日はいとこのゆうまのうんどうかいでした。

ゆうまは白ぐみで、まけたみたいだけど、がんばっていたのでよかったです。 

ふうちゃんのうんどうかいも見てくれるみたいー!

いろいろたのしみなことがあるからたのしみだな♪

ふうちゃんは赤ぐみだよ。

まけないようにがんばらなくちゃ。

ふーIMG_8647

ということで、今日からふうちゃんも、書くことになりことになりました。

しばらくは、れんしゅう中だから、

1か月に1こくらいしか書けないかもしれないけど見てねー!

だんだんおもしろくなってくるとおもうからたのしみにー!

ということでこのつぎもまっててねー!


1464735056LjgiBvr6X3IpRc01464735053.gif
    
まったねーー!



新カテゴリー
ふーちゃん日記(リアル版)
第一回投稿無事完了
(2016/06/02 20:59)

●総執筆期間:約3日
●次回執筆予定:未定

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
2016-06-02 : ふーちゃん日記(リアル版) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

5周年


これまで常套句のように言ってきましたが、時間が過ぎるのは本当に早いものです。

あっという間に6月を迎え、今年も半分が過ぎ去ろうとしています。

今年は早々にレイちゃんが逝ってしまい、このブログの人気コーナーだった「レイちゃん日記」も幕を降ろしたわけで、それなら何か新らしい展開でも、と考えているうちに、簡単に半年が経っていました。

そしてそんな中、本日6/2でこのブログ、いつの間にか5周年を迎えてしまいました。

まったくもって、時間の流れというのは恐ろしいものです。ほっといたら簡単に飲み込まれて、あっという間に今が過去になっているわけですから。まぁ、当然といえば当然な話ではありますが。

ただ、だからこそ、この流れに完全に身を任せるという選択は、まだしてはいけないと言われている気がしているのです。頭の片隅で。よくわからない本能的なものから。

そして、もしかしてその抵抗手段として、僕はこのブログを続けようとしているのかも知れません。なぜブログを書くのかという自問の結果、今なんとなくそんな答えが思い浮かんできました。

というわけで、相変わらず更新頻度は上がらないままですが、なんとか新展開も交えつつ、この恐ろしい時間の流れに、もう少し逆らって生きてやろうと思っているわけです。

これからも、細々とお付き合い頂ければ幸いです。


2016-06-02 : INFO : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ブラ旅記vol.10サンパウロ編part3


まいどどうも、ふーちゃんです。

ペレIMG_8620

サンパウロ〜リオ〜イグアス〜シャパーダ・ジアマンチーナ〜モホ・ジ・サンパウロ〜サルヴァドールとあちこち廻り廻って、またサンパウロに戻って参りました。

というわけであたしのブラ旅記もいよいよ大詰め。

最後のサンパウロでブラブラしたときの回想録、題してサンブラTHE回想録のワンツーパンチで〆させて頂くわ!




サンブラTHE回想録ワン!
サンパウロ日本人学校

日本人学校_01L

サンパウロ市から車で約40分、カンポリンポの丘に広がっているのが、おーちゃんの母校ことサンパウロ日本人学校。

おーちゃんが小学生になったばっかの頃から中学卒業まで通った、小中一貫の日本人学校ですって。

日本人学校IMG_8530
サンパウロ日本人学校本部棟

ということは丁度いまのあたしくらいの頃に、通い始めたわけね。感慨深いわ〜。

門をくぐって見えてきたのは、緑深い公園のような空間。

日本人学校IMG_8585
中学部校舎からバス停に向かう通路

日本人学校六年生校舎IMG_8569
六年生の校舎

日本人学校一年生校舎裏IMG_8939
一・ニ年生の校舎裏

日本人学校ロータリーIMG_8603
動物小屋のロータリー前

学年ごとに校舎が別々の平屋建てに分かれていて、広い敷地内に点在。ひゃー、こりゃ移動にいちいち時間がかかるわねぇー。

F-tyann-2.jpg 「なにここ、学校なの? めっちゃ広くて緑がいっぱいね」

o-tyann-2.jpeg 「そうだね。昔から緑が多かったけど、更に伸びてる感じがするよ。ちなみに森もあるんだよ」

F-tyann-2.jpg 「え、学校の中に森? さすがブラジル」

o-tyann-2.jpeg 「でも校舎とか、さすがに老朽化してるなぁ」

F-tyann-2.jpg 「緑が伸びてて、森もあって、建物が老朽化……、ラピュタやん!」

988b93991ce53d708b134750b3c054ad-640x480.jpg

o-tyann-2.jpeg 「ああ、確かになんかラピュタ感あるね」

F-tyann-2.jpg 「私の家に古い秘密の名前があって、この石を受け継ぐとき、その名前も継いだの。私の継いだ名は……ルシータ・トエル・ウル……ラピュタ」

o-tyann-2.jpeg 「どうした急に?」

F-tyann-2.jpg 「ラピュタごっこよ!あたしの親なら乗ってきなさい」

ムスカ_images 「三分待ってやる!」

o-tyann-2.jpeg 「ふーー……、シータ、落ち着いてよく聞くんだ。ーーあの言葉を教えて。ぼくも一緒に言う…

F-tyann-2.jpg 「ぇっ...」

o-tyann-2.jpeg 「さぁ、ぼくの左手に手を乗せて...」

F-tyann-2.jpg .....(コクッ)...

ムスカ_images 「時間だ、答えを聞こう!」

F-tyann-2.jpgo-tyann-2.jpeg バルス!

ムスカ_images 「ひえーーー!」
Laputa070211-300x200.jpg

F-tyann-2.jpgo-tyann-2.jpeg 「ダハハハハハ」

というわけでムスカを見事やっつけたあたし達は、カンポリンポのラピュタことサンパウロ日本人学校を、更に探索。

中学校舎IMG_8582
中学校舎IMG_8579
中学部校舎の廊下と教室

第一体育館前IMG_8538
第一体育館前

64b52e641327bdb6c83bd222bd8361f9.jpg
第一体育館内の校歌

第二体育館IMG_8543
第ニ体育館内のフットサル場

大運動場IMG_8544
大運動場前

o0800048010821425470.jpg
温厚そうな巨神兵

小人兵IMG_8944
凶暴そうな小学生

面白いわね、日本人学校。

外見はラピュタ、というかブラジルなのに、中身は完全に日本の学校と同じよ。教室の雰囲気とか、すれ違う先生と生徒たちの感じとか。

あたし一瞬、日本に戻ってきたのかと勘違いしちゃったわ。

F-tyann-2.jpg 「というわけで、そんな不思議な勘違いをさせてくれた日本人学校に捧げるわ、あたしの即興ラップ!」

日本人学校に捧げるラップ
作詞/ラップ:ふーこ

♪YoYo!やるわね日本人学校 
♪やたらと大きなその格好 
♪おもろいわね見た目と中身のギャップ
♪あたし思わず口ずさむ小学生ラップ


♫外見ブラジル 中身は日本 
例えて言うならラモス瑠偉~
♫それを懐かしむおっさん一人 
おーちゃんまるで猿人類~


o-tyann-2.jpeg 「ムキーーー!」

と、ラップでおーちゃんをディスりながら、日本人学校をあとにするのでありました。




サンブラTHE回想録ツー!
イビラプエイラ公園

ibirapuera_全景

サンパウロにいる間に、何度か通ったのがこのイビラプエイラ公園。おーちゃんの実家、つまりおじーちゃんおばーちゃんの家から、歩いて10分で着く憩いの場よ。

イビラ20100609115251976
イビラIMG_0095
イビラ池IMG_0087
arvores-andre-bonacin.jpg
ibirapuera11g-sampaart.jpg
イビラIMG_7468

週末になると地元のパウリスタ(サンパウロっ子)達がこぞって集結。

ジョギングしたりスケボーしたりフットサルしたり、みんな思い思いに時間を過ごすイカシタ空間よ。

イビラプラ71245
イビラプラIMG_7466

公園の真ん中にはいつもでっかいUFOが着陸してるけど、飛んでる姿は見たことがないわ。

o-tyann-2.jpeg 「ふーちゃん、あれはUFOじゃなくてOCAっていう展示ホールだよ」

F-tyann-2.jpg 「あらやだ、騙されたわ。誰よ、こんな紛らわしいの作った人は」

o-tyann-2.jpeg 「オスカー・ニーマイヤーっていう有名な建築家だよ」

F-tyann-2.jpgお酢カニうまいやー? すごい名前ね。あ、もしかして隣のぺローン星人作ったのも同じ人?」

ペローンIMG_0093
ペローン

o-tyann-2.jpeg 「ああ、そうそう。あれは“イビラプエラ講堂”っていう音楽ホールね」

F-tyann-2.jpg 「UFO作ったりぺローン星人つくったり、なんだかぶっ飛んでるわね」

o-tyann-2.jpeg 「あ、みてふーちゃん。UFOが乗っ取られてる!」

exposicao-sobre-grandes-invencoes-ficara-no-ibirapuera-ate-4-de-outubro.jpg
イビラヒャッハー1
ヒャッハーー!

F-tyann-2.jpg 「あ、みておーちゃん。あっちでは子供達が宇宙人に乗っ取られてる!」

宇宙人IMG_7617
宇宙人IMG_7618-2
ヒャッハーー!

UFO乗っ取ったり、宇宙人に乗っ取られたり、ブラジル人の休日は宇宙規模ね。

そんなブラジル人達に混じって、あたしもイビラプエラでヒャッパーをかます、夏の昼下がりなのでありました。

1460767064jCi3PiwFS3rUDHg1460767063.gif
ヒャッハーー!





というわけでアッという間だったブラジル3週間の旅。小1の最後にステキな思い出を作ることができました。

サンパIMG_8968

この旅がこうして実現したのも、本当に色んな人たちのおかげ。


サンパウロのおじーちゃん、おばーちゃん。東京のじいじ、ばあば、ひいば。我が家のご近所さん達。リオのレオちゃん一家。サンパウロ宅のポルテーロ(門番)さん達。イグアスのガイドのおっさん。シャパーダジアマンチーナのアベックガイドさん。ポウサーダの宿主アルシーノさん。モホジサンパウロの荷車タクシーの運ちゃん。ガハガハ女将さん。バイーアのコイヌマさん。リベルダージのサチローおじさんにクロダさん。日本人学校のマサダさん。サンタテレーザのテツさん。パウリスタのコージくん。ブエノのヨシノブくん。飛行機のCAさん達。リオで甘えてきた猫ちゃんと餌を求めてきたアヒルちゃん。イグアスのアナグマちゃん。そして、ずっと一緒にいてくれたママ。


この旅に協力してくれた全ての人たちに感謝を込めて、覚えたてのこのポルトガル語を、最後に捧げたいと思います。

パウリスタIMG_8992

ムイト・オブリガード!
(Muito Obrigado)

どうもありがとうございました!


o-tyann-2.jpeg 「いいぞふーちゃん。ちゃんとありがとうって言うのは大事なことだよね」

F-tyann-2.jpg 「そうよね。どんなちっちゃな事でも、お世話になった人のことは、忘れちゃいけないわよね」

o-tyann-2.jpeg 「……ところで、おーちゃんの名前が出てないようだけど」

F-tyann-2.jpg 「あ、忘れてた」


というわけで、以上ふーこのブラ旅記(全10話)でございました。

サンパIMG_8634

まったねーーー!





2016-03-30 : ふーちゃん日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ブラ旅記vol.9 バイーア編part2


サルヴァIMG_8521

まいどどうも、ふーちゃんです。

サルヴァIIMG_8522

シャパーダ・ジアマンチーナでの冒険を終え、そのまま深夜バスに揺られること約6時間。

サルヴァIIMG_8524

あたし達が辿り着いたのは、バイーアの州都サルヴァドールよ。

サルヴァIIMG_8525

ここは昔ブラジルの首都として栄えた場所で、旧市街はユネスコの世界遺産に登録されているんですって。

ペロIMG_8768

特にこのペロウリーニョ広場は旧市街を代表する場所よ。

なるほど、言われて見れば確かに趣深い情景ね。

ペロマイケル1IMG_8356

石畳の道路。パステルカラーの建物群。

ペロマイケル2IMG_8356

そして、二階からこちらを覗くのは、マイケルジャクソン。

ペロマイケル3IMG_8364

え、マイコー?

そう。どうやらここは、かつてマイコーのPVにも登場した広場らしいわ。

they-dont-care-about-us(38)-m-6.jpg
Michael Jackson "They Don't Care About Us"

さすが世界のマイコー。世界遺産の地にはやっぱり登場しちゃうのね。

そんな旧市街をマイコーっぽくムーンウォークしていると、向うからやってきたのはマイコーママのようなバイアーナ(バイーア娘)さん。せっかくだから一緒にパシャっと記念写真。

バイアーナIMG_8373

パシャ!

バイアーナ吹き出しIMG_8786 「ご機嫌いかがミニマイコー。 バイーアは初めて?」

F-tyann-2.jpg 「そうよマイコーママ。昨日までシャパーダ・ジアマンチーナに行っていたのよ」

バイアーナ吹き出しIMG_8786 「あら。ってことはあなた冒険好きね。だったら船に乗ってモホ・ジ・サンパウロ(Morro de São Paulo)って島に行くといいわ。きっと気に入るわよ」

F-tyann-2.jpg 「モホ・ジ・サンパウロ? おーちゃんの地元のサンパウロと関係あるの?」

バイアーナ吹き出しIMG_8786 「まったく関係ないわ。言ってみりゃ、東京の浜松町と静岡の浜松がまったく関係ないのと同じ理論よ」

F-tyann-2.jpg 「……マイコーママ、あなたバイアーナよね?」

バイアーナ吹き出しIMG_8786 「Sim. Porque? (そうよ。どうして?)」

F-tyann-2.jpg 「まぁ、いいわ。じゃあせっかくだから、そのオススメのモホ・ジ・サンパウロって島、行ってみるわ!」

バイアーナ吹き出しIMG_8786 「あのエレベーターに乗って新市街に降りれば、すぐに船乗り場が見えるわよ」

F-tyann-2.jpg 「オブリガード(サンキュー)、マイコーママ!」

バイアーナ吹き出しIMG_8786 「あ、よろしければ記念写真代、払ってちょ。お気持ちだけでも」

F-tyann-2.jpg 「……マイコーママ、あなたやっぱバイアーナね」

バイアーナ吹き出しIMG_8786 「Sim. Porque? (そうよ。どうして?)」


そうしてマイコーママに記念写真のチップを払って、あたし達は教えられたエレベーターへ。

ラセルダ_2135
ラセルダエレベーター(Elevador lacerda)

丘の上にある世界遺産の旧市街と、丘の下にある港沿いの新市街を結ぶのが、このラセルダ・エレベーターよ。

ラセルダIMG_8376
ラセルダIMG_8375

地元民も観光客もみんな足がわりに使って、24時間上がったり下がったりしているらしいわ。

というわけで、そんな働きもののエレベーターに乗り込んで新市街へゴーインダウン!

ラセルダIMG_8378

エレベーターを出ると、日本語が書かれたウェルカムボードが見えてきたわ。 

なになに、

あなたはバイーアIMG_8377

あなたはバイーアにある。


わお。分からなそうで分かりそうで、なんとも絶妙なバランス。

F-tyann-2.jpg 「あなたはバイーアにある?」
o-tyann-2.jpeg 「あなたはバイーアにいる?」
F-tyann-2.jpg 「あなたはバイーアにうる?」
o-tyann-2.jpeg 「あなたはバイーアにえる?」
F-tyann-2.jpg 「あなたはバイーアにおるー!」
F-tyann-2.jpg o-tyann-2.jpeg 「だはははは」


その後、港で高速船チケットを無事ゲットして、いざモホ・ジ・サンパウロへ!

バイーアIMG_8791

真夏の海をビュンビュン飛ばすこと約2時間。

おぇっ

船酔いになりかけながらようやく辿りついたわ、ここが噂の島ね。

モーホ到着IMG_8390
モーホ港IMG_8387
モホIMG_8488

わぉ、なんだかいい感じ!

船を降りるとたくさんのタクシーが、観光客を待ち構えていたわ。

モーホ港img_4835

え、どれがタクシーかって?

これよ。

モーホタクシー24752355

この島には普通の車がいないので、この手押し車タクシーが大活躍よ。

タクシー荷物IMG_8394

荷物運んだり、

タクシー人をIMG_8905

人を運んだり、

タクシー休んでIMG_8895

休憩所になったり。


そんな手押しタクシーの運ちゃんに紹介されたお宿がこちら。

ポウサーダIMG_8399
Pousada Ilha do Sol


海辺の割にはリーズナブルで、

ポウサーダIMG_8400

リーズナブルな割には小奇麗で、

ポウサーダIMG_8796

小奇麗な割には宿の女将さんがガハガハ笑う、愉快なお宿だわ。



モーホビューIMG_8807

さていい頃合い、そろそろランチタイムね。

ブラジルに来てからランチといえばお肉チャージが続いていたけど、やっぱここでは魚介系をチャージしたいとこよね。

というわけで、お宿のガハガハ女将にオススメの所を聞いて、

Devaneios de Biela_Onde Comer_Tapioca
Restaurante Pedra Sobre Pedra


レストIMG_8799
レストIMG_8405

やってきたのは、なんともナイスビューなこちらのレストラン。

チョイスしたのは、

魚介3IMG_8805

タラのコロッケ! カニのグラタン風! 漁師風サラダ!

うーん、沁みるわ〜。やっぱ日本人にはなんだかんだで、魚介が沁みるわねぇ。

ママも思わず笑顔がふーちゃん風よ。

ダブルふーIMG_8411

ううぇーーーい!



え、どれが一番気に入ったか?

うーん、どれも捨てがたいけど、あたしはやっぱこれね!


ポテトIMG_8484

つけあわせのポテト!

ポテトIMG_8416

ええ、ガキ舌ですけどなにか?


さて、満腹御礼のあとは第二ビーチ(2a Praia)でキャッキャタイムよ。

モホIMG_8809
キャッキャ! at 2a Praia
モホIMG_8420
キャッキャ! at llha da Saudade

この島のビーチは第一ビーチ(1a Praia)から第四ビーチ(4a Praia)まで、番号で区分されてるの。

MAPA_COSTA DO DENDE

中でも第二ビーチ(2a Praia)は、周りにバーとかレストランがたくさんあって一番賑やか。

キャッキャするには最適のビーチなのよ。

モホIMG_8414
モホIMG_8413

キャッキャ!キャッキャ!

モホ夕暮れIMG_8486

気がつけばあっという間に日が暮れて、一日目終了〜。




翌日、またキャッキャしようとビーチへ向かうと、

モホ翌朝IMG_8431

あら、昨日の夕方はタップンタップンだった海の水が、今朝は随分引いてちゃってるわ。

モホ潮MG_8442

これが噂の潮の満ち引きってやつね。

不思議だわ、地球。


そんな地球の不思議を感じながら、水の引いた海岸を奥まで探検。

モホ潮IMG_8821

わお、これはこれでキャッキャできるわね。

モホ潮IMG_8457

そうこうしているとまた空いてくるお腹。

不思議だわ、人体。



というわけで今日も魚介チャージといきましょう!

本日のオーダーはこちら、

ムケッカIMG_8861

エビと魚のムケッカ!(ライス添え)

でたムケッカ。バイーア名物のブラジル風魚介の煮込みよ。

ムケッカIMG_8860

ライスと絡めてパクつけば、海水に濡れた体にじんわり沁みこんでいくわ~。

やっぱ日本人には魚介が一番よね~。



ま、

アイスIMG_8458

あたしには食後のデザートの方が沁みこみますけどね。

アイスIMG_8465

ええ、ガキ舌ですけどなにか?


その後、海から上がったあたしは、島のあちこちをカッポー(闊歩)。

闊歩1ー2-copy
カッポーカッポー
闊歩2ーIMG_8862
カッポーカッポー
闊歩3ーIMG_8897
カッポーカッポー
闊歩4ーIMG_8494
カッポーカッポー
闊歩5ーIMG_8475
カッポーカッポー
闊歩6ー872010224503-866857706-18_morro_de_sao_paulo_os_primeiros_moradores_da_ilha
カッポーカッポー
mo_apron3.jpg
カッポーカッポー


そうして、気が付けば二日目もいつの間にやら夕暮れ時。

夕暮れになると腹ぺこになる七歳児。それがあたし。

最後の晩餐IMG_8477

というわけで、最後の晩餐もやっぱり魚介よ!

ドドン!

ヴェルメーリョIMG_8480

ヴェルメーリョ(赤魚)のグリル!


いいわね~。

やっぱ日本人には焼魚が一番よね~。

え、あたしの一番?

もう分かってるでしょ?

14600632685oh5thUE1sMGsSy1460063266.gif

そう、これよ!


ポテトIMG_8484

はい、ガキ舌ですけどなにか~?


というわけで、あっという間だったモホ・ジ・サンパウロ二泊三日の旅。

モホラストIMG_8909

船でサルヴァドールに戻ると、なんだかひとまわり成長した気になった、あたしなのでありましたとさ。

bahiaIMG_8518.jpg

ううぇーーーい!

サルヴァIMG_8528



さて、ブラ旅もいよいよ大詰め。


最後はおーちゃんの地元サンパウロに戻りますわよ。

というわけで、

まったねーIMG_8899

まったねーー!




2016-03-29 : ふーちゃん日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

NozzyMacaco

Author:NozzyMacaco
★★★★★★★★★★★★★★★
早朝ジョガー、週末フットボーラー。出身地は地球の裏側のコンクリートジャングル a.k.a サンパウロ。相方(嫁)とふーちゃん(娘)の手の平の上で踊らされながら、本日も稼動中。家ではなぜか通称“おーちゃん”。中年という自覚が皆無の中年でございます。
★★★★★★★★★★★★★★★

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ツイート

 

ご連絡/お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ビジター